目の闘病中の次女パピヨンが3週間のつらい治療を乗り越えたので、ご褒美旅行に行って来ました。
まだ完治しているわけではありませんが、獣医さんから顔をぶつけないように気をつけて日常生活に戻って良いというお許しも出たので、心配はありましたが気分転換に思い切って出かけました。
鹿児島県薩摩川内市にあるいむた池(漢字変換が出ません・・・難しい字なので省略します)のほとりにある犬連れ用リゾートホテルです。
次女は目が見えなくなる前はドッグランが大好きで黙々と歩いて楽しんでいました。
見えなくなっても遊んでくれるか心配でしたが 、だんだんと慣れてきて自分からウロウロできるようになりました。
(リード付き・お供の親付き)
室内ドッグランでもお友達をくんくんする余裕も出てきていました。(こちらでもお供の親付き)
思うように動けなくなってストレスがたまっているのではとずっと心配していましたが、本人は現状にすこしずつ慣れてきているようです。 
今後はできることはなるべく自分でするように、手を出しすぎずサポートしていこうと思います。
三女パピヨンも病院の付き添いなどで疲れやストレスがあったと思いますが、今回の旅行で張り切っていたので気分転換できたようです。 
 0723
館内のお写真コーナーにて カートがボロい・・・そろそろ買い替えなければ。

07231
早朝に池の周辺をおさんぽしました☆
ラムサール条約の保護地なので自然がいっぱい

07232
池周辺が遊歩道がぐるりと続いています

目の症状が悪化するようなことがあったら大変なので今回旅行に行くべきか迷いましたが、次女も三女もとても楽しそうに過ごしてくれたので思い切って行ってみてよかったです。