日々のできごと。

こはひよさくらのちょっとした日々のできごとを書いています。 「わんちゃんに優しい手作りお洋服」こはひよさくらオンラインショップは http://kohahiyosakura.net へ

2017年06月

こはひよさくらの仕事場には遊びに来てくれたお客様用にベンチを置いているのですが、最近ももちゃんすみれちゃんはそのベンチがお気に入り。
さんざん大騒ぎして遊んだあと、ベンチで仲良くお昼寝です。
さすが双子。同じ姿勢で寝ています。
0626sinkuro

おととい我が家はフィラリアお薬の投薬の日でした。
久留米市にお引越しをして、新しくお世話になっている近所の病院で、骨型おやつタイプのイベルメックを与えています。
体重5kg以下は同じ量とのことで、ひよりからももすみれまで全員同じ量になります。
ももすみれは今月2回目の投薬ですが、先月ウンチが少し柔らかくなってしまったので一応獣医さんにはその旨お伝えし、今月もう一度同じお薬を試したのですが・・・

お昼過ぎに投薬してから6時間くらい後、すみれちゃんが嘔吐・下痢をしました。
その後何度か泡を吐き、呼吸も荒く、ぐったり・・・時々カタカタ震えます。
お薬を処方してくれた動物病院に電話してもすでに時間外で繋がらず、ひよりのかかりつけの眼科の動物病院も繋がらず・・・
ネットであちこち病院を探しているうちに1時間ほどが過ぎ、少しすみれちゃんの呼吸も落ち着いてきたのでお水を飲ませてみたら、自分から起き上がってこれました。
その後は不思議なくらいけろっとして、ごはんは?と言われ、軽くごはんを食べられました。(その後嘔吐なし)

フィラリアのお薬の副作用だと思いますが、無事抜けてくれてホッとしました。
翌日、今後のため夜間対応可能な動物病院に出向き、いざという時の連絡方法等伺ってきました。
引っ越ししたばかりで土地勘もなく、久々に焦りましたが、大事に至らず良かったです・・・
来月のフィラリアお薬は種類を変えて、午前中に飲ませようと心に決めました。


今日は自分の健康診断に行ってきました!
犬達の病院は月に何度も行く機会がありますが、ありがたいことに最近なかなか人間の病院に行く機会が無く、久々に健康診断を受けました。
こはひよさくらは個人事業主のため国保に加入しているので、市の特定検診が500円で受けられます。
血液検査・尿検査・血圧・身長体重・ウエスト周りサイズ・などなど。
あと胃がんリスク検診という、5年間隔に年齢ごとに受けられるものが今年私の年が当たりだったのでこちらもお願いしました。こちらも別途500円。

血液検査の結果は来週あたりに出るのですが、今日すぐ出た尿検査の結果でひっかかりました!
鮮血???がちょっと混じっているとか何とか数値が出ているのは異常なので再検査とのこと。
自覚症状が全く無いだけに、なんだろか、と気になってます。
来週、すべての検査結果が出てから再検査の相談をしなくては・・・


昨日はご近所わんちゃんのショコラちゃんが子供の頃に使っていたゲージを持って来てくれました☆
うちにもいくつかゲージはありますが、今後、保護犬ちゃんをお預かりしたり、ももすみれが入ったり、ショコラちゃんお預かりの時に使ったり・・・いくつあっても助かるのでお借りしました!
うちでは今までほとんどゲージは活用していなかったのですが、犬たちがいつでも自由に野放しでは危ない時もあるかと思います。
0617syokomomosumire
ちびっこ二人ががりでしつこいのでちょっと嫌そうです・・・0617syoko
ショコラちゃんはちょこちょこ遊びに来てくれているので、最初の頃に比べてだいぶ仲良くなれました。
いつか一緒に遊べるかな。
ショコちゃんさすがなのは、おばあちゃんパピヨンのひよりには礼儀正しい態度を取ります。
ちゃんと年上さんだとわかっているみたいです☆

今日は久留米保健所動物管理センターの方が第二種動物取扱業の施設に適しているか調査に見えました。
第二種動物取扱業は管轄の保健所に届出をして許可をいただくものです。
資格や免許ではありませんが、非営利による保護犬の飼育・一時預かり等を行う際に適正な飼養を行う条件が整っているか、などいろいろ条件があるようです。

かねてより犬の保護活動に少しでも役に立てたら・・とささやかなお手伝いをしていましたが、住まいがペット専用物件のおうちといえど賃貸でしたので、実際のところ何も身動きがとれずにいました。
昨年久留米市に中古のおうちを購入して、室内を犬達向けにリフォームをして、先週申請、今日施設の調査を受け、これでいざ、困った状況にいるわんちゃんに遭遇してもお役に立てることが多くなると思います。

今日動物管理センターの方にいろいろお話を伺い、殺処分ゼロが理想であっても現実はなかなかやはり難しいのだそう。
人間の勝手な都合で辛い思いをしているわんちゃんが増えないよう、今後お手伝いをしていかれれば、と思っています。


↑このページのトップヘ