先日三女パピヨンの初盆を迎えました。
火葬をお願いした斎場のお坊様にお経をあげてもらい卒塔婆をお供えしました。
桜子が亡くなって早いものでまもなく半年が経ちます。
発病してから半年間の闘病生活と同じだけの時間が過ぎようとしています。
子犬たちのおかげで毎日バタバタと賑やかに過ごせていますが、だんだん桜子に面影やしぐさが似てきた子犬達を見るとやっぱり寂しいです。
2017hatsubon
桜子の「おほねさん」はまだおうちにいます。いつかは動物霊園などにおさめなくてはいけないのでしょうが、まだしばらく一緒に暮らしたいと思っています。
実はまだ、長女パピヨンの小春の「おほねさん」もおうちで暮らしています。
明日は小春の5回目の命日です。そろそろ考えねばいけないかもしれません。
まあ、まだ焦らずゆっくりです。